スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

本は味方

 
好きな小説を見つけると、その作品の著者が書いた他の本も全て読みたくなる。全部自分のものにしたくなる。だからいつも同じ本ばかり繰り返し読むことが多くて、新しい本を買うことをあまりしない。

本を読むようになったのはさくらももこのエッセイがきっかけで、そこから梨木香歩、桜庭一樹、アガサクリスティ、その他イギリスの児童文学とか気分によって買ってみた本とか表紙が気になって買ってみた本とか。

冒険をしないタイプなので、有名な作家の本とかベストセラーになっている本を読まないのは勿体ないと自分でも思うけど、なんだろう、性格のせいなのか、棚に一冊だけ他の作家の作品があると変な感じがする。

現に今本棚に、一冊しか買ってない作家の作品コーナーみたいなのがあるんだけど、全部背表紙の色や文字が違うから本が並んでるのを見るたび(あぁ…)ってなる。

梨木香歩の「西の魔女が死んだ」を初めて読んだ中学生時代は梨木香歩の作品ばかり読んでた。本棚の見映えも良くなるし、その人の世界にずっと浸っていたいから。

図書館で借りるのは気分的に嫌だし電子書籍は嫌いだし、読むときは絶対買う。
買うとなると失敗したくないから同じ作家ばかりになってしまう。でも今はネットで本の批評を調べられるから失敗も少ないんだけど。

高3のとき、担任(50代男)と本の話をしたことがあった。本をどのように選ぶかという話になって、私は上に書いたように好きな作家の作品を買ったりネットで批評を見てから買うと話した。担任は真逆で、絶対に本のあらすじは調べないし批評も読まないらしい。「だって知っちゃったら面白くないじゃん。」って言ってた。本屋に行って表紙買いをしたり、なんとなく聞いたことのあるタイトルを買うと言ってた。失敗もするけど、その本に出会ったのは運命だとかなんとか言ってたような気がする。嫌いな担任だけど正直本の話は楽しかった。


なんだか…読んでいる本があると、味方がいるような気分になれる。あぁ今はあの作品があるから大丈夫だぁって思える。なんでだろうね。

ついさっき読みたい小説をいくつか見つけて、その本の話をしようとしたのに余計な話盛り込みすぎた。携帯ぽちぽち打つのも辛くなってきたからまたあとで書く。
 

関連記事


日記 | コメント(0)2013/02/13(水)06:05

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


About*

シーカ

Author:シーカ
Blog:"ホーカスポーカス"
 
20代/AB型
日常のこと、好きな物のことを
気ままに更新中。

◎ブログお引っ越し
現在はこちらで書いています。
http://dreamy18house.blogspot.jp/
---------------------------

【趣味】
映画鑑賞、ファッション、読書、
カメラ、絵を描くこと、手芸 など
洋画を見たり雑貨を集めるのが大好き。

【好きな人・物】
ディズニー/海外の文化
ハリー・ポッター/洋画
人形/雑貨/お菓子
アンティークなもの/レトロ
AMO/琉花/Tommy
堀北真希/Emma Watson

【好きな音楽】
YUKI/椎名林檎/東京事変
JUDY AND MARY/ALI PROJECT
Tommy heavenly6
Tommy february6
the brilliant green

もっと詳しく知りたい方は
sheekaのプロフィール
---------------------------

[ブログ名] Hocus Pocus
[URL]
http://ringo0418.blog95.fc2.com/
リンクフリーです。

記事検索

ブログ内検索!

アーカイブ

コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Calendar*

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

MILKFED.

Tommy

カウンター

QRコード

QR

FC2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。